口腔外科診療

当院では歯内治療、歯科矯正、口腔内腫瘍切除、骨折整復などの高度な技術と特殊な機材が必要な処置を、専門医をお招きして実施しています。

緊急疾患を除いて、基本的に手術は予約制で行い、手術前には術前検査が必要です。

まずは相談のみでも良いので、来院して下さい。

口腔外科診療事例

破折し露髄した歯における抜髄根管充填と歯冠修復

折れた歯の中(歯髄)が汚染しているので、きれいにして詰め物をして歯を保存する処置の前後の写真です。

他にも、交通事故による骨折や、先天性の症例など様々な症例に対応が可能となっております。

詳細については当院へお問い合わせ下さい。

予防歯科診療

歯周病の予防と治療を行います。現在、3歳以上の犬、猫の80%以上が歯周病を持っているといわれており、
歯周病の予防は定期的な健診も大切ですが、家でのブラッシングで歯垢を落とすことが特に大切です。しつけ方法もお教え致しますので、気になる方は一度お越しください。

ペットのお口をチェックしてみましょう

最近は“動物の歯の手入れ(デンタルケア)”をするのが一般的になっています。

しかし、「歯の手入れの仕方を知らない」や「この方法は正しいはず」など個々の考えでケアされている方がとても多いように思えます。

ヒトが歯磨きをするのと同様に、犬猫も歯磨きが大切です。小さいときから歯磨きに慣れさせておくと歯石が付着せず歯周病を防ぐことが出来ます。

では実際に歯のケアをしないと、どのような問題が出てくるのでしょうか。ペットの口の中を、チェックしてみましょう。以下項目のうち1つでもあてはまる時は、口腔疾患が疑われますので来診をお勧めします。

  • 口の臭いがくさい。
  • 歯肉や粘膜が赤い、腫れている。
  • 口を気にしている。
  • 歯がグラグラしている、歯が抜けた。
  • 歯の形、色がおかしい。または歯がない。
  • 歯並びがおかしい。乳歯が残っている。
  • くしゃみ、鼻汁、鼻出血がよく見られる。
  • 口の中が出血、または歯磨き時に出血する。
  • 採食時の行動の変化:奇声を発する。食べこぼしが多い。
    途中で止めてしまう。
  • 口の中にできものがある。
  • 口を触られるのを嫌がる。
  • 口が開かない、閉じない。
  • 歯垢や歯石がついている。(歯が汚れている)
  • 顎をガクガクと震わせる。
  • ヨダレが多く出ている。
  • 食べるスピードが遅くなった。
  • 顎、鼻、眼の下が腫れている。
    あるいは腫れて皮膚に穴が開いている。